テーマⅡ「学修成果の可視化」採択校紹介

八戸工業大学
「良き技術は、良き人格から生まれる」に基づき、地域を支える高度な職業人を育成

◼︎学校紹介

 

デザインとテクノロジーの八戸工業大学

 八戸工業大学は、昭和47年4月1日に開学し、現在、工学部5学科、感性デザイン学部1学科、大学院工学研究科3専攻を擁する工学系高等教育機関です。教育理念である「良き技術は、良き人格から生まれる」に基づき、高度な専門知識とともに豊かな人間性と総合的な判断力を有する有為の人材を養成し、地域に根差した教育研究活動を通じて社会貢献することが本学の使命です。

◼︎AP事業での取組内容と特徴

 

社会的要請に応える学修成果の質保証を目指して

  1. 高校教育から大学教育へスムーズな接続ができる教育・指導体制の改善
  2. 初年次教育の充実:自ら学ぶ習慣を持つ学生の育成
  3. 社会状況に伴って変化する学生の希望分野に柔軟に対応できる教育体制の構築
  4. 学びの過程における達成度評価システムの構築
  5. キャリア教育の徹底による良き職業人の育成
  6. 学生・社会の要望を反映した教育改善体制の構築と実践
  7. 教育改革加速

◼︎平成31年度へ向けて 〜今後の目標〜

学修成果可視化教学システムの構築と展開

 本学独自の学修成果可視化教学システムの構築を進めており、その中核となるのが成績評価データベースシステム、授業評価データベースシステム、達成度評価データベースシステムです。これら教学情報(IR)を基にラーニングおよびティーチング等の各種ポートフォリオを作成するとともに、社会的要請も踏まえて学生側と教員側の双方でPDCAサイクルが展開される仕組みを開発します。
 

◼︎AP事業担当者から一言 〜AP事業への思い〜

 教学情報(IR)を基に全学的な教育改革を推進したいと考えています。そして、学修成果の可視化を通じて学生が自ら学び行動する力を身に付け、変化する社会の中で活躍できる職業人を育成することが目標です。

  
New!八戸工業大学 中間報告会

LinkIcon